EASY ECONOMICS

コンサル友人から学ぶ、ぼんやり主婦でもわかる経済情報

今日の国会:安倍首相昨日と違う発言トランプ氏の為替操作批判

こんにちは、RIKKAです。

昨日お伝えしたかったのですが、いろいろありましてすっかりできませんでした。

後輩羽田くんより伝言。

トランプ日本を為替操作国と批判し、円急伸。

時事通信ニュースから。

www.jiji.com

【ワシントン時事】トランプ米大統領は31日、ホワイトハウスでの医薬品大手トップらとの会談で「他国は通貨安誘導に依存している。中国は行っているし、日本は何年も行ってきた」と語り、日中の為替政策を批判した。

大統領就任後に日本の為替政策に言及したのは初めて。2月10日の日米首脳会談を前に日本をけん制する意図があるもようだ。
以下、割愛。

引用元:時事通信

 


トランプ大統領が「中国を為替操作国だ!」と批判したことは有名な話になりましたが、1月31日に日本も道連れを食らってしまいました。


安倍首相とトランプは、2月10日に会談しますが、安倍首相は、この批判に対する回答する必要に差し迫られました。


日本への非難は、日本銀行が主導している金融緩和の事を言っています。

2013年から年間50兆円とも言われる国債を銀行から買い取り、それと引き換えにじゃぶじゃぶ市場にお金を流していますが、

それについての批判です。


金融緩和は、市場にお金を垂れ流すのが目的ですが、間接的に円安にする効果があります。


お金が出回ると円の価値が対外的に減る→円が安くなるという訳です。


ただ、金融緩和ができなくなると反動的に、円が買われ円高に傾きます。


トランプ氏の発言をうけて日本円が113円から112円に急落しました。

投資家が上記の事を連想し、円が買われました。

 

今回はトヨタのメキシコ工場批判を解決するより、

難易度がはるかに高く安倍首相もピンチです。。

最新マーケット情報がPC・スマホで見放題【日経チャンネルマーケッツ】

 

RIKKA感想「内政干渉ってやつじゃないの?」

今日も昨日も国会でバシバシたたかれている安倍さん。

「為替は政治がかかわらない」などよくわからない答弁をしていて、

日本語の難しい使い方の勉強には興味深い素材です。

 

ちなみに他国の内向きの政治に干渉しするのは、内政干渉と呼ばれマナー違反みたいな流れですが、

トランプ大統領は内政干渉どころか、すべてを踏みにじり自国の良さ「自由の国アメリカ」を「差別の国アメリカ」へと変貌させているように思います。

 

しかし、昨日のNHKの報道では過半数まではいかないものの、トランプ政権支持派49%と反対派の41%だったかな?を上回っています。

 

これはどういうことでしょう?

私(たち)が思い描いていた、アメリカはごくごく一部だという結果なのでしょうか?

それだけアメリカ国民の多数が、前の政権下で泡をくらったという解釈でいいのでしょうか。

これからも注視していく必要がありますね。

 

今16時36分のの円相場は、Bid(売値)112.667です。 

talkabouteconomics.hatenablog.com